この時代だから「縄文」に自然と向き合い生きる意味と大切さを学びます。「縄文のり」好評です。

DSC04172 (800x600).jpg
当社があるここ函館南茅部の縄文「大船遺跡」。

ここは現在、ユネスコ世界文化遺産登録を目指し、国内推薦になっている「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成遺跡になっているのですが、4月に入り、雪もすっかり消え、枯れた芝に新緑が増え始めました。

ここでも春の到来を感じられるようになりました。

この遺跡は縄文時代に約一千年にわたり人々が住み続けていた痕跡があるということで貴重な遺跡であり、狩猟を基本としていた縄文人にとってそこまで定住していたことは珍しいようです。

それには海が見渡せて、すぐ横には沢があり、鮭が遡上する大船川があり、後ろには木の実や山菜の採取に適した森があることから食料調達に優れた立地であったことは間違いないと思いますが、それだけではなく特別な気の流れがあるパワースポットでもあるという人もおり、そのような理由から長きにわたる定住に結びついたのかもしれません。

そして、当社大謀網(定置網)の臼尻地区の施設が丁度、正面に見える海の位置にあるんです。

やはり、この海域は一万年以上も前から、魚の通り道として縄文人にもわかっていたんでしょうね。

この丘かから海を見て、魚影が見えたら、縄文人も漁に出ていたことでしょう。

さて、先般、こちらのブログでもお知らせいたしましたが、南茅部第3の特産品である海藻の「ダルス」を使い、この南茅部を象徴する「縄文」にちなみ命名した当社の「縄文のり」が2019年度の全国推奨観光土産品審査会で全国商工会連合会会長賞を受賞したことに関し、先日、北海道新聞社さんで記事にお取り上げいただきました。

IMG_0587 (600x800).jpg
ありがとうございます!

DSC01638 (800x601).jpg

おかげさまでお客様にご好評いただいております。

あらためて思うのですが、「縄文」に何を学ぶのか?と申しますと、一万年以上に及ぶ縄文時代において、これまで出土した遺物を見ても集団で武装して戦争を行った形跡が見られないそうで、そこには「領土」といった価値観は薄かったのではないかと思われ、狩猟を基本にしていたことから食料の確保が重要で、その時の食物資源の状況によって居住地を変え、どこに住もうがみな自由だったと思うんです。

そこにはやはり自然と向き合って生きるというアイデンティティがあったのではないかと思います。

DSC01632 (800x600).jpg
(函館市縄文文化交流センター収蔵展示品)

さらに出土している鹿の角を素材にした釣り針などを見てみると、鉄器がない時代に石などの鉱物を使って加工しているにもかかわらず、すでに現在の釣り針と同様に針の先に返しがつけられているほか、糸をまく部分には引っ掛けがつけられているなど、創意工夫が見られ、その器用さに驚かされます。

そうした優れた感性を持っていた縄文人であれば、食に関しても身体に良いモノなどはしっかり理解して食べていたのではないでしょうか。

おそらく海藻も食べて、からだに良いという認識をもっていたと思います。

この南茅部の特産物である真昆布にがごめ昆布、そして、ダルスも食べていたことでしょう。

現在、世の中は新型コロナウイルス禍で全国に緊急事態宣言が政府から出されるなど、人々の生活や経済が危機的な状況になっていますが、縄文時代の約一万年の間にもこのようなウイルスによる感染症の流行はあったのではないでしょうか。

その時はやはり縄文人は栄養価の高いこの南茅部の海藻類を食べて、免疫力を高めてウイルスに対抗していたのではないかと思います。

当社ではその「ダルス」において、今回、賞をいただきました「縄文のり」を作り上げました。

DSC01511 (1280x960).jpg
風味は海苔に似ていますが、食感はその海苔ともわかめとも違うダルスならではの食感であり、ご飯に良く合います。

また、こちらもすでにご紹介済みですが、真昆布の製品づくりも行っております。

DSC00504 (800x600).jpg

そして、恵まれた漁場が目の前にあるわけです。

狩猟を基本とする縄文人がなぜ、一万年以上にもわたり、この南茅部の地のあちらこちらに住み着いていたのかと想像すれば、やはりそれは恵み豊かなこの南茅部の自然と向き合って生きることが生き延びるために最も大切なことだとわかっていたのではないかと思います。

DSC05104 (800x600).jpg
現代において、当社では水産資源を枯渇させない自然環境にやさしいecoな漁法の大謀網(定置網)を操業しています。

これからも自然と向き合いながら、この南茅部の海に生きてまいります。

そして、現在、当社では「春の特別セール」開催中です!!(2020年04月30日まで)

DSC07982 (800x600).jpg
外出の自粛を呼びかける声が増えるにつれ、ますますご注文もいただくようになっております。

ご自宅で北海道の炉端焼き気分を味わっていただける南茅部の海の幸いっぱいの「味の20点盛り・得々サンキューセット!!」もまだご注文いただけます。
(200セット限定)

みなさまのご利用を心よりお待ちいたしております。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457

【大好評】南茅部のおふくろの味シリーズ
・「イヨさんの手造り・若芽昆布の佃煮」
・「イヨさんの手造り・ダルスの佃煮」
・「イヨさんの手造り・ひろめ松前」

このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント