2021年春の新商品「いか刺し三升」「お刺身三升」新発売!!

DSC02966 (800x600).jpg
近年、豊漁が続き、今や秋の顔になりつつある天然のブリ、フクラギ。

DSC02981 (800x601).jpg
年々、その美味しさの評価も上がり、天然ブリの産地としてここ函館南茅部のみならず、北海道が認知されてきています。

それにより、昨年来、この北海道産天然ブリの消費拡大を目指して、函館市、北海道ともにこの美味しい天然ブリを使った飲食店での新メニュー開発や、加工食品の開発に力を入れてきており、ご存じの通り当社では真っ先に取り組み、生の「半身のフィレ」や「ぶりザンギ」といった商品を販売展開してきているわけですが、この2021年の春、さらに新商品を当社の姉妹ブランド「イヨ食品」から投入いたしました。

商品名「お刺身三升」

DSC04825 (1024x768).jpg

DSC04840 (1024x768).jpg
身が柔らかい「フクラギ」を使用し、東北、北海道の郷土料理である「三升漬け」に漬けております。

「三升漬け」をご存じない方にご説明いたしますと、名前の由来は「青唐辛子」と「米麹」と「醤油」を一升ずつ合わせて漬け込んだことからきており、刺激的な青唐辛子の辛さと旨味と甘味が調和した美味しい発酵食品です。

ご飯にそのままのせて食べたり、冷奴にのせて食べたりするのがポピュラーでしょうか。

P1090908 (800x600).jpg
・三升漬け イメージ画像

今回、その三升漬けを自家製で作り、それに「フクラギ」の刺身を合わせて寝かせて作り上げました。

そして、その味わいに関しては甘辛く仕上げております。

さらにもう一品。

ブリ、フクラギも良いですが、やっぱり「イカ」が欲しい。

ということで作ったのが、

商品名「いか刺し三升」

DSC04765 (1024x769).jpg

DSC04776 (1024x768).jpg
原料のイカに関しては当社で獲れたイカが不足しているため輸入のイカを使用していますが、これがまたやっぱり美味しい。

「お刺身三升」「いか刺し三升」ともにご飯がすすみます。

また、家飲みの機会も増えているかと思いますが、お酒にもよく合いますよ。

是非、食べてみてください。

・「お刺身三升」ネットでのご注文はこちら

・「いか刺し三升」ネットでのご注文はこちら


さて、今月の当社直営「函館本通店」ですが、

DSC04955 (800x600).jpg
野村店長おすすめセレクト商品は、やっぱり「お刺身三升」「いか刺し三升」です。

「函館本通店」では、試食販売を行っており、お客様に好評とのこと。

うれしいですね!

また、現在、店長自ら早朝、南茅部で仕入れてきた豊漁の「ホッケ」や「宗八カレイ」などを一夜干しにして販売中!!

DSC04958 (800x600).jpg

DSC04957 (800x600).jpg
これらも大変ご好評いただいております。

みなさまのお立ち寄りを心を心よりお待ちいたしております。

函館市街地において目印となる「五稜郭公園」から当社直営「函館本通店」までの詳しい道順はこちら

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

大謀網(定置網)GW休漁明けはホッケがいっぱい!そして、気になるサメ。

DSC04899 (800x600).jpg
今年も新型コロナウイルス感染拡大により「緊急事態宣言」というワードが連日ニュースに踊るゴールデンウィークでしたが、みなさま如何お過ごしだったでしょうか?

2021年のゴールデンウィークもほぼ終わりましたね。

今度の日曜日までというロングのお休みの方もいらっしゃると思いますが、5日まで連休という企業が多いように見受けられます。

当社も6日より通常営業になっております。

そして、大謀網(定置網)のほうも5月1日から5日まで漁協市場の休業に伴い休漁となっていたのですが、休み明けの網起こしはというとこれまた休み前に引き続きホッケがわんさか入っていました。

DSC04888 (800x600).jpg
この春ホッケは記録的な水揚げになりつつあります。

DSC04890 (800x599).jpg
新型コロナウイルスが無ければ連夜、居酒屋などでその味わいをご堪能いただけたことでしょう。

早くこの感染拡大が終息することを願ってやみません。

でも、このホッケは当社通販でご用意いたしておりますので「丸ごと鮮魚急速冷凍」「天日干し」「塩こうじ漬け」「ホッケのすり身」で是非、その美味しさを味わってください。

DSC01073 (800x600).jpg

DSC08201 (800x600).jpg

DSC01802 (800x600).jpg

そして、ホッケ以外ではマスが少ないながらまだ入っています。

DSC04903 (800x600).jpg
さらには気になるサメですね。

DSC04909 (800x600).jpg
けっこう大きいのが入っていました。

例年ではこれから増えてくるのですが、今年はどうなるでしょう。

そして、ホッケの大漁はいつまで続くのか、これから夏に向けての展開が気になります。

みなさんもご注目ください。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

大謀網(定置網)ホッケ、ニシンが継続、そして直営売店のGW休業スケジュールのお知らせ。

DSC04698 (800x600).jpg
2021年のゴールデンウィーク突入前、ここ数日は連日、朝の網起こしも出来ており、内容は変わらずホッケが大漁です。

DSC04688 (800x600).jpg

DSC04694 (800x600).jpg
この4月はここまで切れることなく続き、南茅部全域でも同様の状況でしたから今月はホッケの月になりましたね。

DSC04715 (800x600).jpg
ニシンもけっこうな水揚げでした。

その他ではマスもあり、

DSC04705 (800x600).jpg

そして、入り始めたのがボウズイカですね。

DSC04714 (800x600).jpg
これも春の漁の光景ですね。

5月もこの好調が続くことを願います。

さて、世の中はもうゴールデンウィークに入っているわけですが、当社直営販売店のほうも以下のスケジュールでお休みを入れさせていただきます。


P1010678 (800x600).jpg
【本社直営売店】

令和3年4月30日      ※通常営業

令和3年5月1日      ※午前中営業・最終発送日

令和3年5月2日~5月5日 ※休業

令和3年5月6日      ※通常営業

DSC08807 (800x595).jpg
【函館本通店】

定休日の木曜日(5月6日)を除き、休まず営業いたします。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

大謀網(定置網)網の中はホッケとニシンのせめぎ合い。そして、サメが入ってきました。

DSC04616 (800x600).jpg
2021年のゴールデンウィークも目前。

今年も昨年に引き続き新型コロナウイルスの感染拡大により、ニュースを見れば緊急事態宣言という文言が連日聞かれ、意気消沈してしまうわけですが、ここ函館南茅部は活気にあふれています。

この一週間は、海も荒れるほどけっこう強い風が吹く日が数日あり、網起こしも出来ない日もあったのですが、沖に出れた日は水揚げ好調でした。

DSC04658 (800x600).jpg

DSC04635 (800x600).jpg
メインは相変わらずのホッケですが、日によってはニシンがホッケを上回る日もありました。

DSC04638 (800x600).jpg

DSC04636 (800x600).jpg
ニシンもけっこう良い型です。

その他ではマスも日によって良い型が入っていましたね。

DSC04650 (800x600).jpg

DSC04623 (800x600).jpg

そして、サメが入り始めました。

DSC04671 (800x601).jpg

DSC04603 (800x600).jpg
このサメが増えてくると、ちょっと漁模様に変化が起こるかもしれません。

4月から月をまたいで5月はどのような展開になるのか、期待と不安とで自然と向き合い突き進んでまいります。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

大謀網(定置網)ホッケの大漁が続く中、宗八カレイも目立ちます。

DSC04578 (800x600).jpg
今シーズンの漁が始まって一週間が経ちました。

ホッケが切れることなく大漁で良いスタートが切れました。

DSC04582 (800x600).jpg
網お越しを行えば2艘のデッキを埋め尽くすほどです。

型はちょっと小ぶりなのが中心ですが大小入り混じっています。

DSC04526 (800x600).jpg
これがいつまで続くかですね。

東の方の同業他社の網にはモウカザメが入り始めていますから、ちょっと気になります。

そして、大量のホッケには様々な魚も混じっています。

DSC04534 (800x600).jpg
これは季節的にはなごりのスケソウダラですね。

DSC04533 (800x600).jpg
そして、ニシンですね。

DSC04580 (800x600).jpg
さらにここみなみ北海道に春を呼ぶサクラマスです。

マス、サケ類はこれからマスノスケ(キングサーモン)やトキシラズも入ってくることでしょう。

DSC04530 (800x600).jpg
そして、ちょっと例年になく目立っているのが宗八カレイですね。

街の定食屋さんで焼き魚といえば、サンマ、サバ、サケというのが思い浮かぶと思いますが、北海道においてはそれに加えて、この宗八カレイ、ニシン、そして、ホッケというのが定番ですね。

ご飯もすすみ、そして、お酒にもよく合います。

美味しい魚を食べるとホッとして心が和みますね。

みなさんも美味しい魚をいっぱい食べてくださいね。

これから桜の季節を迎えるここ函館南茅部。

今後の展開が楽しみです!

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

大謀網(定置網) ホッケとマダラ、サクラマスで2021年の漁がスタート!!

DSC04498 (800x599).jpg
早朝の漁港に網起こしから帰港してきた当社の船。

DSC04500 (800x599).jpg
船のデッキは魚で埋め尽くされています。

2021年の漁が始まりました!

DSC04509 (800x600).jpg
メインで入っていたのはホッケですね。

スタートからこれほど入ってくれるのはうれしいですね!

DSC04503 (800x600).jpg
そして、ホッケに交じって入っていたのはマダラ。

DSC04502 (800x600).jpg
さらにはサクラマスです。

もうここ函館南茅部では全域でこの大謀網漁が始まっていますが、どの漁港の同業他社でも同様に漁があって、2021年は良いスタートを切れています。

DSC04507 (800x600).jpg
今シーズンも季節を追って様々な魚が入ってくることでしょう。

当社では獲れたて鮮度抜群のこの魚を加工品から鮮魚までみなさまに通信販売でお届けいたしております。

是非、ここ恵み豊かな函館南茅部の海の幸をお召し上がりください。

この春は、貴重な本まぐろ(クロマグロ)のセット商品もご用意いたしました。

DSC02608 (800x600).jpg
新型コロナウイルスの感染拡大も第4波がやってきて、まだまだ旅行、外食を控えていらっしゃる方も多いことでしょう。

ご自宅で美味しい本まぐろを食べて気分リフレッシュしてください!

・「網元まぐろ三昧セット」ネットでのご注文はこちら

そして、この度、ネット通販のチャンネルが増え、このまぐろセットは「楽天市場」でもお買い求めいただけます。

【北海道網元 送料無料!】網元まぐろ三昧!!セット 5点盛り 税込5,000円【久二野村水産 自社定置網】 鮪 刺身 柵 中トロ 赤身 ザンギ 晩ごはん ステーキ お取り寄せグルメ 内祝 プチ贅沢 巣ごもり応援 漁師 函館 南茅部 野村水産 - 久二野村水産 楽天市場店
【北海道網元 送料無料!】網元まぐろ三昧!!セット 5点盛り 税込5,000円【久二野村水産 自社定置網】 鮪 刺身 柵 中トロ 赤身 ザンギ 晩ごはん ステーキ お取り寄せグルメ 内祝 プチ贅沢 巣ごもり応援 漁師 函館 南茅部 野村水産 - 久二野村水産 楽天市場店
お支払いにたまっている楽天ポイントが使えます。

日本中の方々にこの北海道、函館南茅部の魚を食べていただきたい。

当社はこれからも様々なアプローチでチャレンジしてまいります。

宜しくお願い申し上げます。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

ユネスコ世界文化遺産登録の期待も膨らむ縄文「垣ノ島遺跡」の最寄りのバス停が変わりました。

IMG_4760 (800x600).jpg
これは当社から車で約3分のところにある縄文「垣ノ島遺跡」。

3年前の画像ですが、現在は公園整備が進み、このような姿になっています。

DSC04455 (800x602).jpg
まだ工事が終わっていないため中に入って歩くことはできないのですが、今年(2021年)の6月18日から見学ができるそうです。

そして、この遺跡は、これまでも度々ご紹介していますが、現在、ユネスコの世界文化遺産登録を目指している「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成遺跡のひとつなんです。

いつその成否がわかるかと言いますと、先日の新聞報道では今夏(2021年)、7月に中国でユネスコの会議があり、そこで決まるとのことですから楽しみですねぇ。

期待が膨らみます。

そして、この縄文「垣ノ島遺跡」へ公共交通機関で行く場合なのですが、ここ函館南茅部には鉄道が走っていないため函館市街地及び周辺からは海岸線を走る「路線バス(函館バス)」を利用することになるのですが、この4月から、そのバス停が変わりました。

以前は、「臼尻小学校前」という当社のすぐそばが最寄りのバス停で、そこから徒歩20~30分でした。

それがこの度、公園整備も進んで、遺跡から真っすぐ海岸線に降りたところにあるこれまで「産業会館前」という名称だったバス停が「垣ノ島遺跡下」に変わり、そこから徒歩7分ということになりました。

IMG_3118 (800x600).jpg
ここは以前、南茅部町時代には地元の商工会の建物があり、町長の家があり、そのさらに昔は臼尻村の村役場があった場所なのです。

現在はご覧のように空き地になっていますが、ずっと地元の人々に親しまれてきているこの一本桜が目印ですね。

DSC04410 (800x601).jpg
バス停からはこの曲がりくねった坂道を上ります。

DSC04456 (800x600).jpg
そして、坂道を上りきったところで左手に縄文「垣ノ島遺跡」が現れます。

DSC04470 (800x601).jpg
さらに遺跡の先にあるのが道の駅「縄文ロマン・南かやべ/函館市縄文文化交流センター」です。

DSC09033 (1280x945).jpg
こちらの売店での注目商品はやはり、当社の「縄文のり」です!

DSC01511 (1280x960).jpg

DSC01627 (800x600).jpg
お立ち寄りの際は、是非、お買い求めください。

さて、4月に入り、漁港の岸壁に目を向ければ、当社大謀網の乗組員が集まり網の準備作業が精力的に行われています。

IMG_3127 (800x600).jpg

DSC04477 (800x599).jpg
網が入ればいよいよ今シーズンの漁開始です!

こちらも期待に胸が高鳴ります。

新型コロナウイルス禍によって世の中、疲弊しきっていますが、ここ南茅部はそんな中でも希望があります。

恵まれた奇跡の海岸です。

それはやはり恵み豊かな海があって、だからこそ一万年以上も前の縄文時代からこの地に人々が住み続けているのだと思います。

そして、今月の当社直営「函館本通店」ですが、

DSC04473 (800x600).jpg
野村店長のおすすめセレクト商品は当社大謀網で獲れた「本まぐろ(クロマグロ)」です。

DSC02608 (800x600).jpg
縄文人も食べていたこの「本まぐろ(クロマグロ)」。

いまだ厳しい漁獲制限が設けられている中での今では貴重な「本まぐろ(クロマグロ)」ですが、当社では取り扱い枠の中でブロックやまぐろステーキ、そして、まぐろザンギにしてご用意し、本通店でも取り扱っております。

DSC02780 (1024x768).jpg

DSC02751 (1024x768).jpg
みなさまのお立ち寄りを心を心よりお待ちいたしております。

函館市街地において目印となる「五稜郭公園」から当社直営「函館本通店」までの詳しい道順はこちら

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

期待膨らむ2021年の大謀網漁。眠りから覚めた船が海に戻りました。

IMG_3088 (800x600).jpg
日中の気温も10℃を上回る日も出てきて日ごとに春の訪れを感じるようになった3月下旬のここ函館南茅部。

IMG_3089 (800x600).jpg
修繕作業を行ってきた船に磨き上げられたプロペラも装着され、操舵まわり、機関まわり、外装も仕上がりました。

そして、真夜中に降り続いた雨が上がり、冷え込みも緩んだこの日の朝、大型クレーンによって慎重に作業が進められ、ゆっくりと船が海に戻りました。

DSC04392 (800x601).jpg
乗組員が次々に装備品を船に積み込みます。

DSC04394 (800x600).jpg
そして、エンジン始動!

漁港に鳴り響くエンジン音。

いつもの漁港の雰囲気が戻ってきました。

こちらも胸が高鳴りますね。

ここから作業は網の準備と沖合の施設の修繕作業へとすすみ、いよいよ来月(4月)、今シーズンの漁が始まります!

みなさんもまた今年も漁の様子を楽しみにお付き合いください。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

お客様の評判が何よりうれしい「函館ぶりザンギカレー(小いけ本店)」、はこだてFOODフェスタ2021は3/28(日)まで。

GH013240_Moment (800x450).jpg
3月15日(月)にスタートした函館市の食のイベント「はこだてFOODフェスタ2021」。

一週間が経過したところでまた函館の老舗カレー専門店の「小いけ本店」さんに伺って、イベント参加メニューの「函館ぶりザンギカレー」をいただいてきました。

やっぱり美味しい!!

「小いけ本店」の三代目(小池 亘氏)にお話をうかがうと、来店してからメニューを見てというより最初からこの「函館ぶりザンギカレー」を目当てにしたお客様がけっこういらっしゃっているとのこと。

イベント効果、PR効果が出ているみたいですね。

前回のブログでもお知らせした通り、今回のメニューに使われている「ぶりザンギ」は当社製品をお使いいただいております。

ホント、小いけ本店さんのカレーと当社の「ぶりザンギ」の相性は絶妙です。

北海道ローカルではありますが、またテレビの取材依頼が入っているそうです。

メディアからの注目度も高いのですが、何よりうれしいのは召し上がっていただいたお客様からの評判が良いとのことで、これ以上のことはありませんね。

この「函館ぶりザンギカレー」が食べられる「はこだてFOODフェスタ2021」は期間が2021年3月28日(日)までとなっておりますので、是非、お店へ足をお運びいただいてその美味しさを体感してほしいですね。

そこで、ちょっと食べ方のおすすめをご紹介すると、

GH013240_Moment(2) (800x450).jpg
姿が見えなくなるくらいまでカレーをたっぷり「ぶりザンギ」の上にもかけてください。

GH013240_Moment(5) (800x450).jpg
これくらいかけて食べても「ぶりザンギ」の存在感が消えることはありません。

あとはじっくりと嚙んでその美味しさを味わってください。

そして、前回も書きましたが、食べたいけどちょっとこのイベント期間中にはお店に伺えないという方は、通信販売のご利用でこの「函館ぶりザンギカレー」をご自宅で味わうことができます。

IMG_3071 (800x600).jpg
三代目(小池 亘氏)が、祖父の「印度カレー 小いけ」創業者「小池義次郎」氏のパネルの前で通信販売の商品を手に持ってくれました。

ありがとうございます。

・当社「ぶりザンギ」のネットでのご注文はこちら

・印度カレー「小いけ本店」さんの通販サイトはこちら

みなさまのご来店とご注文を心よりお待ちいたしております。

・「はこだてFOODフェスタ2021」Webサイトはこちら
・印度カレー「小いけ本店」オフィシャルサイトはこちら

IMG_0048 (800x600).jpg
印度カレー「小いけ本店」
住所:函館市宝来町22-5 TEL:0138-22-5100 営業時間:11:00~21:00(LO 20:30) 定休日:(木)、第一水曜日


野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

メディアも注目!「函館ぶりザンギカレー」♪ 食のイベント「はこだてFOODフェスタ2021」始まりました。

DSC04273 (800x600).jpg
気温も上がり、みるみるうちに雪も溶け、春めいてきたここ函館南茅部。

岸壁では協力会社、当社乗組員も集まり、4月からの漁に向けて船のメンテナンスが精力的に行われています。

DSC04266 (800x600).jpg
プロペラも外され、舵まわりも調整。

DSC04268 (800x600).jpg
外装も化粧直し。

DSC04270 (800x600).jpg
船倉のふたも外して一枚一枚丁寧に塗り上げられています。

気分も高まってきますね。

そして、気分も高まるといえば、3月15日(月)より、前回にお伝えしました函館の食のイベント「はこだてFOODフェスタ2021」が始まりました!

フードフェスタ2021.png

早速、印度カレー「小いけ本店」さんにお邪魔して当社の「ぶりザンギ」と「小いけ本店」さんの伝統のカレーとのコラボであり、今回のイベント参加メニューである「函館ぶりザンギカレー」をいただいてきました。

IMG_0048 (800x600).jpg
バシッ!と骨太な辛さの小いけ本店さんのカレーに旨味の強い函館南茅部産天然ブリの「ぶりザンギ」、互いの個性がぶつかり合い、そして、食べ進むうちに見事に調和し、出汁が効いたラーメンを食べるがごとく箸がすすむというかフォーク、スプーンがすすむ美味しさです!

DSC04340 (800x600).jpg
このコラボ、楽しくて美味しい!!

そして、この「函館ぶりザンギカレー」は、北海道のローカルTV局であるSTVさんからも取材をいただき夕方のニュースで取り上げられていました。

IMG_3040 (800x477).jpg

IMG_3042 (800x485).jpg
取材でいらしたディレクターも食べられて「これはアリだなぁ」とおっしゃられていたそうです。

IMG_3044 (800x487).jpg
こちらが「小いけ本店」さんの三代目ご主人、小池 亘さんです。

メディアにも注目していただきうれしいですねぇ。

お店に伺ったのが13時ころだったんですが、もう10皿以上のオーダーがあったそうですから幸先の良いスタートです。

この「函館ぶりザンギカレー」はイベント期間中(2021.3/15~3/28)各日20食、店内飲食のみの限定販売です。

なかなかお店に伺えない遠方の方は通信販売のご利用でこの素敵なコラボレーションメニューをご自宅で召し上がることができます。

・当社「ぶりザンギ」のネットでのご注文はこちら

・印度カレー「小いけ本店」さんの通販サイトはこちら

みなさまのご来店とご注文を心よりお待ちいたしております。

・「はこだてFOODフェスタ2021」Webサイトはこちら
・印度カレー「小いけ本店」オフィシャルサイトはこちら

印度カレー「小いけ本店」
住所:函館市宝来町22-5 TEL:0138-22-5100 営業時間:11:00~21:00(LO 20:30) 定休日:(木)、第一水曜日


野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

3月15日(月)から始まる「はこだてFOODフェスタ2021」では印度カレー「小いけ本店」さんの「函館ぶりザンギカレー」に注目です!!

フードフェスタ2021.png
毎年2月に開催される函館市民の楽しみなイベントとして定着し始めたところで昨年は新型コロナウイルス感染拡大のため開催中止となり残念に思う市民も多かった「はこだてFOODフェスタ」。

今年は、例年の函館アリーナでのブース出店のスタイルをやめ、参加店の各店舗でイベント特別メニューを開催期間中に店内飲食、テイクアウト、デリバリーのスタイルで実施されることになり、それが3月15日(月)から始まります。

その参加店で函館のカレー専門店の老舗である印度カレー「小いけ本店」さんで今回、当社の「ぶりザンギ」を採用していただき、イベント参加メニューとして「函館ぶりザンギカレー」が販売されます。

IMG_3032.JPG
「函館ぶりザンギカレー(980円)」

近年、天然ブリの漁獲量が増え、函館は全国2位の水揚げを誇る産地となり、北海道、函館市ではその函館産天然ブリの消費拡大、ブランド化に向けさまざまな取り組みがなされているのですが、その水揚げ拠点であるここ南茅部の当社としましてもこれまでこの美味しい天然ブリの加工品を販売してまいりました。

DSC05098 (800x600).jpg
その中に発売以来ご好評いただいている「ぶりザンギ」があるわけですが、今回、スパイシーで濃厚な函館の老舗のカレーと出会い、さらなる美味しさを「小いけ本店」さんでご提供していただけるというわけです。

IMG_0048 (800x600).jpg
・印度カレー「小いけ本店」
 住所:函館市宝来町22-5 TEL:0138-22-5100 営業時間:11:00~21:00(LO 20:30) 定休日:(木)、第一水曜日

イベント開催期間中(2021.03.15~03.28)は各日20食限定での販売だそうですが、これは是非、食べていただきたいですね。

ただし、こちらの「函館ぶりザンギカレー」は店内飲食のみとなっています。

函館市民におかれましては昨今の新型コロナウイルスの懸念から、函館はもう終息に向かいつつあるとはいえ、まだ外食を避けられている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

そして、函館から遠距離の方はなおさらのことかと思いますが、大丈夫です!

この素敵なコラボレーションメニューは通販のご利用でご自宅で召し上がることができます!

・当社「ぶりザンギ」のネットでのご注文はこちら

・印度カレー「小いけ本店」さんの通販サイトはこちら

みなさまのご来店とご注文を心よりお待ちいたしております。


・「はこだてFOODフェスタ2021」Webサイトはこちら
・印度カレー「小いけ本店」オフィシャルサイトはこちら


野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

まだ冬の終わりが見えない函館南茅部ですが、2021年の漁の準備は始まっています。

IMG_3028 (800x600).jpg
3月の声を聞き、本州では日ごとに春めいて桜の開花が気になる頃になっているかと思いますが、ここ函館南茅部はまだまだ最低気温がマイナスの日が続き、雪かきをするほどの降雪があり、冬の終わりが感じられないのですが、あと一ヶ月もすれば大謀網漁がスタートします。

IMG_3029 (800x600).jpg
岸壁ではこの冬を陸で過ごしてきた船を眠りから呼び覚ます整備、メンテナンス作業がスタートしました。

ここから一ヶ月かけて、船の整備、網の整備、そして、沖合の施設の整備を行って2021年のシーズンを迎えることとなります。

楽しみでありながら待ち受ける漁に向け、徐々に気合が入ってきます。

そんな3月の南茅部はタコ・海老カゴ漁がスタートして漁港にも活気が戻りつつあります。

IMG_3009 (800x600).jpg
漁港の市場を覗くと、この日は海老の水揚げは見られなかったのですが、釣り漁で水揚げされたホッケがありましたね。

今は、サクラマスと真鱈とこのホッケが水揚げのメインになっています。

当社でもご好評いただいている天日干しなど、この南茅部のホッケ製品。

発売以来人気となっているこちらの「ホッケのすり身」。

DSC01791 (603x800).jpg
煮ても焼いても揚げても美味しく召し上がっていただけます。

DSC01798 (800x600).jpg
ソースとの相性も良くフライも美味しいです。

下処理がいらず、衣をまぶしてあげるだけ。

是非、食べていただきたいですね。

・当社「ホッケのすり身」ネットでのご注文はこちら

みなさまのご注文を心よりお待ちいたしております。

さて、今月の当社直営「函館本通店」ですが、

DSC04219 (800x600).jpg
野村店長のおすすめセレクト商品は「昆布酢いかスライス」です。

P1020492 (800x600).jpg
当社特製の甘酢に漬け込んだ酢いか。

付け合わせの昆布、人参とも絶妙の美味しさで定番人気商品です。

P1020508 (800x600).jpg
調味液を捨てずにちょっと味噌を加えて酢味噌和えにしても美味しくいただけます。

みなさまのお立ち寄りを心を心よりお待ちいたしております。

函館市街地において目印となる「五稜郭公園」から当社直営「函館本通店」までの詳しい道順はこちら

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

ご卒業、合格のお祝いの席には本まぐろ(クロマグロ)で華を添えてください。

DSC04169 (800x600).jpg
もう2月も月末を迎えようとしていますが、またまた朝は雪かきから始まったここ函館南茅部。

春はまだ先ですね。

3月も降りそうな感じですね、重い雪が。

そして、3月の声を聞くと、学校を卒業するお子さんをお持ちのご家庭は卒業式の準備に追われるでしょうか。

また、今週からは国立大学の二次試験も始まり、受験生は祈りながら合格の知らせを待っているでしょうか。

そんな卒業のお祝いと吉報があった合格のお祝い。

今年もまた新型コロナウイルスのために外食ではなくご自宅でお祝いをされるご家庭が多いのではないでしょうか。

その際には是非、当社大謀網で獲れた美味しい本まぐろ(クロマグロ)で華を添えてください。

DSC02780 (1024x768).jpg
当社では各部位ごとのブロックでご用意いたしております。

また、洋風に味付けした「マグロステーキ」や「本まぐろザンギ」もご用意いたしております。

DSC02751 (1024x768).jpg
(「本まぐろザンギ(にんにく味・塩味)」)

本まぐろでご家庭に笑顔の華を咲かせてください。

そして、お祝いの席には縁起物の「タコ」も良いですね。

P1050381 (800x600).jpg
(「南茅部産・真ダコのカルパッチョ」)

未来の幸せを願って、美味しく味わってください。

・「本まぐろ(クロマグロ)」のネットでのご注文はこちら

・「活〆真タコ」のネットでのご注文はこちら

みなさまのご健勝とご発展を心よりお祈りいたしております。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

当社の「網元ごっこ汁」がさまざまなバリエーションになって新発売!!

IMG_2990 (800x600).jpg
台風並みの低気圧が北海道の北に居座ってみなみ北海道のここ函館南茅部にもまたまた雪かきが必要なくらい雪を降らせてくれました。

この2月の中旬からの雪って重いんですよね。

雪かきも汗びっしょりになるほどのひと仕事です。

P1060986 (800x600).jpg
まだまだ「ごっこ汁」の美味しさが体に染みる雪の季節の函館南茅部です。

さて、ご好評いただいております当社の「網元ごっこ汁」ですが、お客様のさまざまなお声をお聞きし、この度、3つのバリエーションに変えて新たに販売を開始いたしました。

P1060964 (800x600).jpg
バリエーション1:「肝(キモ)入り」タイプ

バリエーション2:「白子入り」タイプ

バリエーション3:「身と卵増量」タイプ ※肝、白子は入っていません。

バリエーション3につきましては肝と白子が入っていない分、あっさりとした味わいになっておりますので、濃厚な味わいが好みであれば他の出汁をブレンドすることをお勧めいたします。

是非、お好みの味わいの「ごっこ汁」にアレンジしてお楽しみください。

・当社「網元ごっこ汁」のネットでのご注文はこちら

みなさまのご注文を心よりお待ちいたしております。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

カモの大群が越冬で飛来している函館南茅部。人間は「ごっこ汁」食べて越冬です。

IMG_2923 (800x600).jpg
穏やかな日が続いている2月のここ函館南茅部。

浜も一年で最も静かな時なのですが、ふと、漁港の海面に目をやれば黒い点の数々が漂っています。

IMG_2922_Moment (800x450).jpg
その正体はカモです。

ここ南茅部には様々な渡り鳥が飛来するのですが、このカモたちも越冬のために北方から飛来しているみたいです。

しかし、今、この白黒のやつ、キンクロハジロだと思いますが、これが漁港や磯にも大群で飛来しているんです。

人間の活動が静かでも自然の活動は賑やかな南茅部。

海では北からの親潮が流れ込んで来ているようで、トドが現れてみたり海中ではクリオネが見られたり、沖の釣りではサクラマスやマダラが好調で、そのお腹からはイワシが出てきますからイワシの群れもやってきているでしょうか。

そして、漁港の市場を覗けば、「ごっこ」が好調。

IMG_2925 (800x600).jpg
メスは卵でお腹がパンパンです。

まだまだ冬真っ只中の南茅部。

人間は「ごっこ汁」を食べて越冬です。

P1060986 (800x600).jpg
ホント、美味しくて心も体も温まります。

当社「網元ごっこ汁」も例年にないご注文をいただいております。

ありがとうございます!

P1060964 (800x600).jpg
・当社「網元ごっこ汁」ネットでのご注文はこちら

みなさまのご注文を心よりお待ちいたしております。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

近くのミニ「スキー場」もオープンし、当社周辺はプチ・ウィンターリゾートの雰囲気です。「ごっこ」の水揚げも好調!!

IMG_2901 (800x600).jpg
当社のすぐそばの坂道を登って行ったところにある函館市営のミニ「スキー場」。

地元の人間であれば子供のころから一度は滑ったことがあるスキー場ですが、今年も1月16日(土)からオープンしています。

北海道のスキー場では最も遅いオープンではないでしょうか。

ここは手前の第一ゲレンデと奥に見える急こう配の第二ゲレンデしかない、ホント、小さなスキー場なんですが、バーリフトが無料というのが良いんですよね。

そして、ナイターもやっているのであまり時間もないけど、ちょっと滑りたいなぁというときや仕事帰りにサクッと寄って楽しめることが良くて、地元民には親しまれているスキー場なんですが、ここは誰でも利用可能なので、休日には函館市街地や近隣はもとより、コロナ以前は台湾のツアー客の利用もあるなど、なにげにインターナショナルなんです。

2月に入り、通常ですと南から吹き込む風をともなった雪が降り、雪質は重くなるのですが、今シーズンは西高東低の気圧配置が維持され、西寄りの冷たい風をともなった雪が連日降っているので、2月5日現在でも雪質は最高ですね。

そして、このスキー場のすぐ近くにあるのが、今夏にもユネスコ世界遺産登録が決まるかと機運が盛り上がってきている「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成遺跡である縄文「垣ノ島遺跡」と道の駅「縄文ロマン・南かやべ」です。

DSC06326 (800x600).jpg
縄文「垣ノ島遺跡」

DSC05067 (1280x960).jpg
今行ってもこのような雪原にしか見えませんが。

しかし、そのそばにある道の駅「縄文ロマン・南かやべ」と付帯施設である「函館市縄文文化交流センター」は営業していますので是非、お立ち寄りいただきたいですね。

DSC06735 (800x599).jpg
道の駅「縄文ロマン・南かやべ/函館市縄文文化交流センター」

DSC06048 (800x600).jpg

DSC04101 (961x1280).jpg
「函館市縄文文化交流センター」(入館料必要)では、ここ南茅部の遺跡群から出土した遺物を中心に縄文文化に触れ、学ぶことが出来ます。

そして、ここ南茅部の縄文のシンボルである北海道唯一の国宝「中空土偶」もご覧いただけます。

そんな芸術やアカデミックさもあり、スキー場もあり、なんだかプチ・ウィンターリゾートって感じだと思いませんか?

DSC01964 (800x600) (2).jpg
そして、道の駅「縄文ロマン・南かやべ」の売店では、当社の「縄文のり」も販売いたしておりご購入いただけます。

DSC01627 (800x600).jpg

DSC01511 (1280x960).jpg
このブログをご覧いただいている方にはもうお馴染みだと思いますが、これは海藻もここにいた縄文人にとって貴重な食糧であったことから、この南茅部の第三の特産品である海藻「ダルス」を加工して作った佃煮のりで発売以来ご好評いただいております。

DSC06479 (800x600).jpg
海藻「ダルス」

まっ、しかし、ここ南茅部へお越しであれば、是非、当社の本店売店へお立ち寄りください。

P1010677 (800x600).jpg
当社本社工場・本店売店は道の駅「縄文ロマン・南かやべ」から海岸線に下りてすぐのところにありますから。

そして、この2月に入っても漁港の市場には連日、みなみ北海道の冬の味覚「ごっこ」の水揚げがあります。

IMG_2899 (800x600).jpg
これも度々のお知らせになりますが、当社ではこの「ごっこ」で作るみなみ北海道の郷土料理であり冬の風物詩である「ごっこ汁」を販売いたしております。

P1060964 (800x600).jpg

P1060986 (800x600).jpg
今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で函館への帰省や旅行がままならないこともあってか例年以上のご注文をいただいております。

ご自宅で是非、冬の函館気分を味わっていただきたいです。

・「網元ごっこ汁」ネットでのご注文はこちら

そして、今月の当社直営「函館本通店」ですが、

DSC04147 (800x600).jpg
野村店長のおすすめセレクト商品は激辛いか塩辛「ガンコおやじの目に涙」です。

P1010753 (800x600).jpg
これはトウガラシの辛味が効きながらも獲れたてのイカの甘味と旨味がマッチした当社でも人気の商品です。

DSC00920 (800x600).jpg
納豆との相性も良く、辛口いか納豆にして食べても美味しいですよ。

みなさまのお立ち寄りを心を心よりお待ちいたしております。

函館市街地において目印となる「五稜郭公園」から当社直営「函館本通店」までの詳しい道順はこちら

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

雪かきでひと汗かいたあとはやっぱり「いか塩辛」でタウリン補給です。

DSC04072 (800x600).jpg
昨夜は降りましたねぇ。

朝、外を見ておおっ!という感じでした。

DSC04139 (800x601).jpg
漁港の岸壁も堤防もこの通り。

DSC04141 (800x600).jpg
その中で、当社の船は静かに眠りについています。

強力な低気圧が強風を伴ってみなみ北海道を通過し、南寄りの風でしたから湿った雪がここ函館南茅部を白く覆ってくれました。

山の枯れ枝に着雪して、その景色はキレイなんですが、地面の雪はかかないといけない。

これが重くて大変なんです!

毎年のことではありますが、南茅部にも本格的な雪のシーズンがやってきました。

雪かきするときは外に出るとまだまだ寒いので防寒着を着て取り掛かるのですが、これが終わるころには防寒着の中も汗でびっしょり。

広いところは小型のブルトーザーでやれるのですが、入っていけないところは手作業ですから。

そして、ひと汗かいてちょうどお昼時となると食べたくなるのはやっぱり「いか塩辛」ですね。

P1060155 (800x600).jpg
汗をかいた塩分補給にもなり、そして、滋養強壮剤のうたい文句であるタウリン配合の栄養成分「タウリン」の補給にもなります。

自然界においてタウリンの含有量が多いのがイカなんです。

そして、「いか塩辛」はふかしたジャガイモと合わせるとうまい!

P1010661 (640x480).jpg
北海道ではポピュラーな食べ方ですが、通常はバターを合わせるところ、以前から当社でご紹介している通りバターの代わりにクリームチーズを合わせるのも相性抜群なんですよね。

もうホッとする美味しさです。

そして、やっぱり米が欲しいとなったら「いか塩辛」も良いのですが、当社の至極の逸品、農林水産大臣賞も受賞している「網元秘造り」です。

P1060467 (800x600).jpg

P1010726 (640x480).jpg
当社で独自開発した調味液にイカとともにいくらを漬け込んでいるのですが、これが抜群に美味い!!

ご飯がすすみます。

本州からも積雪の便りが聞こえてきました。本州の雪も重いですよね。

冷蔵庫には是非、当社の「いか塩辛」「網元秘造り」のご用意を。

みなさまのご注文を心よりお待ちいたしております。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

厳寒の函館南茅部では「ごっこ」の他に「ホッケ」が獲れています。

IMG_2849 (800x600).jpg
例年になく寒さが続いているここ函館南茅部ですが、1月も中旬を過ぎ、相変わらず最低気温が-10℃を下回る日もあるのですが、この時期らしいと言えばこの時期らしい状況ではあります。

そして、気圧配置も変わり、低気圧の通過とともに風向きが南寄りになる日も出てきて、雪かきが必要なくらい雪が降るようになりましたね。

あたり一面銀世界。

漁港も雪景色です。

そんな漁港の市場を覗くと、今日も入っていました。

みなみ北海道の冬の味覚「ごっこ」。

IMG_2851 (800x600).jpg
いい形ですね。

先般、ご案内しております通り、当社ではこの「ごっこ」を使ったみなみ北海道の冬の風物詩「ごっこ汁」をご家庭で簡単に作れるセットをご用意いたしております。

P1060964 (800x600).jpg

P1060986 (800x600).jpg
新型コロナウイルスの感染拡大により函館への旅行がままならない状況もあってか沢山のご注文を全国からいただいております。

ありがとうございます!

冬の函館の味覚を味わい、元気つけてください。

・「網元ごっこ汁」ネットでのご注文はこちら

そして、「ごっこ」の隣を見ると、入っていたのは「ホッケ」ですね。

IMG_2850 (800x600).jpg
これも大謀網が休漁のこの時期、刺し網漁で獲れたものですが、この時期としては獲れていますね。

今年は「ホッケ」の年になるでしょうか。

4月からの大謀網漁スタートが楽しみです!

「ホッケ」に関しては、当社でもさまざまな加工品をご用意しております。

もうすでに売り切れている商品もございますが、まずは昨年、販売し、お客様からご好評いただいております「ホッケのすり身」。

DSC01791 (603x800).jpg

DSC01798 (800x600).jpg
揚げて良し、焼いて良し。

DSC01795 (800x600).jpg

DSC01802 (800x600).jpg
そして、たれ付きでは鍋料理やつみれ汁が楽しめます。

ホッケは他に天日干しもございます。

お買い物に行くにも神経を使い、外出自粛が叫ばれるこのご時世。

ご自宅で北海道の旬を味わって少しでもリフレッシュしてください。

みなさまのご注文を心よりお待ちいたしております。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

みなみ北海道恒例のイベントは中止ですが、冬の味覚「ごっこ」の水揚げは順調!ご自宅まで「ごっこ汁」お届けいたします。

IMG_2839 (800x600).jpg
正月が終わり、成人の日を含む三連休も終わり、本格的に2021年が動き出していますが、世の中を見れば新型コロナウイルスの感染拡大で右往左往している状態。

函館もそうですが、成人式が各地で中止、延期という日本の伝統行事がまた実施することが出来ず、節目や季節感が失われつつあります。

そんな中、ここ函館南茅部は、年末から続いていた大寒波の寒さもここにきて和らぎ、この時期らしい気温になってきて、朝から地域一体で雪かきからスタートする日が一日ありましたが、比較的お天気には恵まれ、雪も少なく平穏に過ごせています。

そして、漁港の市場には、みなみ北海道の冬の味覚「ごっこ」が連日、水揚げされています。

IMG_2841 (800x600).jpg

IMG_2847 (800x600).jpg
今年も順調ですね。

自然界は人間社会の混乱をよそに変わらず季節の営みが繰り広げられています。

この浜では人々の間で「ごっこ汁」食べたか?があいさつ代わりの時期を迎えました。

それにしてもこの「ごっこ」は毎年思いますがグロテスクな容姿をしていますよね。

プルプルのゼラチン質な身に覆われ、2㎜大のプチプチな卵をソフトボールほどの大きさで抱え、それらが「ごっこ汁」になるとたまらなく美味しいわけですが、毎年、2月には、ここ南茅部から南に車で約40分走ったところにある津軽海峡に面した恵山地区の道の駅「なとわ・えさん」で恒例の「ごっこ祭り」が開催されるのですが、今年は新型コロナウイルスの影響でこれまた中止になり、またひとつ季節感を感じる行事がなくなり、寂しいですよね。

しかし、当社ではこれ以上寂しくならないようにご自宅で簡単に作れる「ごっこ汁」をご用意し、ご自宅へお届けする準備が出来ております。

P1060986 (800x600).jpg

P1060964 (800x600).jpg
コロナ禍であっても季節感を失わず、日本の2021年を元気に歩んでまいりましょう。

・「網元ごっこ汁」ネットでのご注文はこちら

みなさまのご注文を心よりお待ちいたしております。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

2021年も季節の風物詩「ごっこ汁」でスタート!!

IMG_2813 (800x600).jpg
あらためまして、

新年、明けましておめでとうございます。

本年も変わらぬお引き立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

また、こちらのブログにもお付き合いいただけますよう重ねてお願い申し上げます。

さて、ここ函館南茅部ですが、年末からの寒波が一週間以上続いており、朝の最低気温がー10℃以下という日も多く、シバれた年越しとなりましたがお天気には恵まれ、雪も少なく穏やかなお正月を過ごせました。

しかしながら、ニュースを見れば新型コロナウイルスの感染拡大によって首都圏は緊急事態宣言かと気分が重くなることが多かったりするわけですが、みなさまにおかれましては平穏な年末年始をお過ごしいただけましたでしょうか。

そんな2021年の幕あけ、当社は1月5日より本年の業務がスタート。

漁港の市場を覗けば、やっぱり入っていましたここみなみ北海道の正月明けの楽しみである季節の風物詩「ごっこ」。

IMG_2808 (800x600).jpg
この厳寒の真冬に産卵のために浅瀬にやってきたところを刺し網漁で獲るわけですが、お腹をパンパンに膨らませて卵を抱えた大きい方がメスで、その隣の小さい方がオスです。

そして、みな楽しみに作るのが「ごっこ汁」。

現在のようなシバレた日に食べるとなおさら美味しく感じます。

P1060986 (800x600).jpg
これを食べると、さあ、今年も頑張るぞ!と正月気分も抜け、気合いが入ります。

逆にこれを食べることなく普段の日常が始まるとなんとなく気が抜けたままの一年のスタートになってしまいます。

当社ではご自宅で簡単に調理して食べられる「ごっこ汁」のセットがご用意できております。

P1060964 (800x600).jpg
みなみ北海道の真冬の味覚「ごっこ汁」で新たな日常のスタートを切ってください。

・「網元ごっこ汁」ネットでのご注文はこちら

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング