期待膨らむ2021年の大謀網漁。眠りから覚めた船が海に戻りました。

IMG_3088 (800x600).jpg
日中の気温も10℃を上回る日も出てきて日ごとに春の訪れを感じるようになった3月下旬のここ函館南茅部。

IMG_3089 (800x600).jpg
修繕作業を行ってきた船に磨き上げられたプロペラも装着され、操舵まわり、機関まわり、外装も仕上がりました。

そして、真夜中に降り続いた雨が上がり、冷え込みも緩んだこの日の朝、大型クレーンによって慎重に作業が進められ、ゆっくりと船が海に戻りました。

DSC04392 (800x601).jpg
乗組員が次々に装備品を船に積み込みます。

DSC04394 (800x600).jpg
そして、エンジン始動!

漁港に鳴り響くエンジン音。

いつもの漁港の雰囲気が戻ってきました。

こちらも胸が高鳴りますね。

ここから作業は網の準備と沖合の施設の修繕作業へとすすみ、いよいよ来月(4月)、今シーズンの漁が始まります!

みなさんもまた今年も漁の様子を楽しみにお付き合いください。

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

お客様の評判が何よりうれしい「函館ぶりザンギカレー(小いけ本店)」、はこだてFOODフェスタ2021は3/28(日)まで。

GH013240_Moment (800x450).jpg
3月15日(月)にスタートした函館市の食のイベント「はこだてFOODフェスタ2021」。

一週間が経過したところでまた函館の老舗カレー専門店の「小いけ本店」さんに伺って、イベント参加メニューの「函館ぶりザンギカレー」をいただいてきました。

やっぱり美味しい!!

「小いけ本店」の三代目(小池 亘氏)にお話をうかがうと、来店してからメニューを見てというより最初からこの「函館ぶりザンギカレー」を目当てにしたお客様がけっこういらっしゃっているとのこと。

イベント効果、PR効果が出ているみたいですね。

前回のブログでもお知らせした通り、今回のメニューに使われている「ぶりザンギ」は当社製品をお使いいただいております。

ホント、小いけ本店さんのカレーと当社の「ぶりザンギ」の相性は絶妙です。

北海道ローカルではありますが、またテレビの取材依頼が入っているそうです。

メディアからの注目度も高いのですが、何よりうれしいのは召し上がっていただいたお客様からの評判が良いとのことで、これ以上のことはありませんね。

この「函館ぶりザンギカレー」が食べられる「はこだてFOODフェスタ2021」は期間が2021年3月28日(日)までとなっておりますので、是非、お店へ足をお運びいただいてその美味しさを体感してほしいですね。

そこで、ちょっと食べ方のおすすめをご紹介すると、

GH013240_Moment(2) (800x450).jpg
姿が見えなくなるくらいまでカレーをたっぷり「ぶりザンギ」の上にもかけてください。

GH013240_Moment(5) (800x450).jpg
これくらいかけて食べても「ぶりザンギ」の存在感が消えることはありません。

あとはじっくりと嚙んでその美味しさを味わってください。

そして、前回も書きましたが、食べたいけどちょっとこのイベント期間中にはお店に伺えないという方は、通信販売のご利用でこの「函館ぶりザンギカレー」をご自宅で味わうことができます。

IMG_3071 (800x600).jpg
三代目(小池 亘氏)が、祖父の「印度カレー 小いけ」創業者「小池義次郎」氏のパネルの前で通信販売の商品を手に持ってくれました。

ありがとうございます。

・当社「ぶりザンギ」のネットでのご注文はこちら

・印度カレー「小いけ本店」さんの通販サイトはこちら

みなさまのご来店とご注文を心よりお待ちいたしております。

・「はこだてFOODフェスタ2021」Webサイトはこちら
・印度カレー「小いけ本店」オフィシャルサイトはこちら

IMG_0048 (800x600).jpg
印度カレー「小いけ本店」
住所:函館市宝来町22-5 TEL:0138-22-5100 営業時間:11:00~21:00(LO 20:30) 定休日:(木)、第一水曜日


野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

メディアも注目!「函館ぶりザンギカレー」♪ 食のイベント「はこだてFOODフェスタ2021」始まりました。

DSC04273 (800x600).jpg
気温も上がり、みるみるうちに雪も溶け、春めいてきたここ函館南茅部。

岸壁では協力会社、当社乗組員も集まり、4月からの漁に向けて船のメンテナンスが精力的に行われています。

DSC04266 (800x600).jpg
プロペラも外され、舵まわりも調整。

DSC04268 (800x600).jpg
外装も化粧直し。

DSC04270 (800x600).jpg
船倉のふたも外して一枚一枚丁寧に塗り上げられています。

気分も高まってきますね。

そして、気分も高まるといえば、3月15日(月)より、前回にお伝えしました函館の食のイベント「はこだてFOODフェスタ2021」が始まりました!

フードフェスタ2021.png

早速、印度カレー「小いけ本店」さんにお邪魔して当社の「ぶりザンギ」と「小いけ本店」さんの伝統のカレーとのコラボであり、今回のイベント参加メニューである「函館ぶりザンギカレー」をいただいてきました。

IMG_0048 (800x600).jpg
バシッ!と骨太な辛さの小いけ本店さんのカレーに旨味の強い函館南茅部産天然ブリの「ぶりザンギ」、互いの個性がぶつかり合い、そして、食べ進むうちに見事に調和し、出汁が効いたラーメンを食べるがごとく箸がすすむというかフォーク、スプーンがすすむ美味しさです!

DSC04340 (800x600).jpg
このコラボ、楽しくて美味しい!!

そして、この「函館ぶりザンギカレー」は、北海道のローカルTV局であるSTVさんからも取材をいただき夕方のニュースで取り上げられていました。

IMG_3040 (800x477).jpg

IMG_3042 (800x485).jpg
取材でいらしたディレクターも食べられて「これはアリだなぁ」とおっしゃられていたそうです。

IMG_3044 (800x487).jpg
こちらが「小いけ本店」さんの三代目ご主人、小池 亘さんです。

メディアにも注目していただきうれしいですねぇ。

お店に伺ったのが13時ころだったんですが、もう10皿以上のオーダーがあったそうですから幸先の良いスタートです。

この「函館ぶりザンギカレー」はイベント期間中(2021.3/15~3/28)各日20食、店内飲食のみの限定販売です。

なかなかお店に伺えない遠方の方は通信販売のご利用でこの素敵なコラボレーションメニューをご自宅で召し上がることができます。

・当社「ぶりザンギ」のネットでのご注文はこちら

・印度カレー「小いけ本店」さんの通販サイトはこちら

みなさまのご来店とご注文を心よりお待ちいたしております。

・「はこだてFOODフェスタ2021」Webサイトはこちら
・印度カレー「小いけ本店」オフィシャルサイトはこちら

印度カレー「小いけ本店」
住所:函館市宝来町22-5 TEL:0138-22-5100 営業時間:11:00~21:00(LO 20:30) 定休日:(木)、第一水曜日


野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

3月15日(月)から始まる「はこだてFOODフェスタ2021」では印度カレー「小いけ本店」さんの「函館ぶりザンギカレー」に注目です!!

フードフェスタ2021.png
毎年2月に開催される函館市民の楽しみなイベントとして定着し始めたところで昨年は新型コロナウイルス感染拡大のため開催中止となり残念に思う市民も多かった「はこだてFOODフェスタ」。

今年は、例年の函館アリーナでのブース出店のスタイルをやめ、参加店の各店舗でイベント特別メニューを開催期間中に店内飲食、テイクアウト、デリバリーのスタイルで実施されることになり、それが3月15日(月)から始まります。

その参加店で函館のカレー専門店の老舗である印度カレー「小いけ本店」さんで今回、当社の「ぶりザンギ」を採用していただき、イベント参加メニューとして「函館ぶりザンギカレー」が販売されます。

IMG_3032.JPG
「函館ぶりザンギカレー(980円)」

近年、天然ブリの漁獲量が増え、函館は全国2位の水揚げを誇る産地となり、北海道、函館市ではその函館産天然ブリの消費拡大、ブランド化に向けさまざまな取り組みがなされているのですが、その水揚げ拠点であるここ南茅部の当社としましてもこれまでこの美味しい天然ブリの加工品を販売してまいりました。

DSC05098 (800x600).jpg
その中に発売以来ご好評いただいている「ぶりザンギ」があるわけですが、今回、スパイシーで濃厚な函館の老舗のカレーと出会い、さらなる美味しさを「小いけ本店」さんでご提供していただけるというわけです。

IMG_0048 (800x600).jpg
・印度カレー「小いけ本店」
 住所:函館市宝来町22-5 TEL:0138-22-5100 営業時間:11:00~21:00(LO 20:30) 定休日:(木)、第一水曜日

イベント開催期間中(2021.03.15~03.28)は各日20食限定での販売だそうですが、これは是非、食べていただきたいですね。

ただし、こちらの「函館ぶりザンギカレー」は店内飲食のみとなっています。

函館市民におかれましては昨今の新型コロナウイルスの懸念から、函館はもう終息に向かいつつあるとはいえ、まだ外食を避けられている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

そして、函館から遠距離の方はなおさらのことかと思いますが、大丈夫です!

この素敵なコラボレーションメニューは通販のご利用でご自宅で召し上がることができます!

・当社「ぶりザンギ」のネットでのご注文はこちら

・印度カレー「小いけ本店」さんの通販サイトはこちら

みなさまのご来店とご注文を心よりお待ちいたしております。


・「はこだてFOODフェスタ2021」Webサイトはこちら
・印度カレー「小いけ本店」オフィシャルサイトはこちら


野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング

まだ冬の終わりが見えない函館南茅部ですが、2021年の漁の準備は始まっています。

IMG_3028 (800x600).jpg
3月の声を聞き、本州では日ごとに春めいて桜の開花が気になる頃になっているかと思いますが、ここ函館南茅部はまだまだ最低気温がマイナスの日が続き、雪かきをするほどの降雪があり、冬の終わりが感じられないのですが、あと一ヶ月もすれば大謀網漁がスタートします。

IMG_3029 (800x600).jpg
岸壁ではこの冬を陸で過ごしてきた船を眠りから呼び覚ます整備、メンテナンス作業がスタートしました。

ここから一ヶ月かけて、船の整備、網の整備、そして、沖合の施設の整備を行って2021年のシーズンを迎えることとなります。

楽しみでありながら待ち受ける漁に向け、徐々に気合が入ってきます。

そんな3月の南茅部はタコ・海老カゴ漁がスタートして漁港にも活気が戻りつつあります。

IMG_3009 (800x600).jpg
漁港の市場を覗くと、この日は海老の水揚げは見られなかったのですが、釣り漁で水揚げされたホッケがありましたね。

今は、サクラマスと真鱈とこのホッケが水揚げのメインになっています。

当社でもご好評いただいている天日干しなど、この南茅部のホッケ製品。

発売以来人気となっているこちらの「ホッケのすり身」。

DSC01791 (603x800).jpg
煮ても焼いても揚げても美味しく召し上がっていただけます。

DSC01798 (800x600).jpg
ソースとの相性も良くフライも美味しいです。

下処理がいらず、衣をまぶしてあげるだけ。

是非、食べていただきたいですね。

・当社「ホッケのすり身」ネットでのご注文はこちら

みなさまのご注文を心よりお待ちいたしております。

さて、今月の当社直営「函館本通店」ですが、

DSC04219 (800x600).jpg
野村店長のおすすめセレクト商品は「昆布酢いかスライス」です。

P1020492 (800x600).jpg
当社特製の甘酢に漬け込んだ酢いか。

付け合わせの昆布、人参とも絶妙の美味しさで定番人気商品です。

P1020508 (800x600).jpg
調味液を捨てずにちょっと味噌を加えて酢味噌和えにしても美味しくいただけます。

みなさまのお立ち寄りを心を心よりお待ちいたしております。

函館市街地において目印となる「五稜郭公園」から当社直営「函館本通店」までの詳しい道順はこちら

野村水産㈱オフィシャル通販サイト「網元浜造り」はこちら
※最大20%OFFの割引セール継続中!!

当社では商品に関するみなさまの忌憚のないご意見を広く求めております。
こちらのお問い合せ入力フォームにご記入の上、送信していただければ幸いです。
・ご意見、お問い合わせ入力フォーム

野村水産㈱オフィシャルサイトはこちら
当社では飲食店様向けに自社定置網で漁獲した季節の魚類、イカを生鮮で直接販売もいたしております。
お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-32-3457


このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓

人気ブログランキング